ストレス 胃腸

ストレスが胃腸に与える影響|口臭が出やすい性格とは

「自分は口臭が出やすい性質なのかもしれない」
そう思ったことはありませんか?

 

 

注意してケアしていても、ふとした瞬間に出るニオイ。
ここのポイントは「ふとした瞬間に臭う」という部分。
そう、「自分でわかる」というところです。

 

 

口臭が出やすい性格とは
良く言えば『繊細』で
悪く言えば『神経質』なタイプです。

 

 

このようなタイプは、ストレスを胃で受けてしまいます。
胃腸は非常に繊細な臓器ですから
気持ちの揺れや、心の歪み、脳の疲れが影響しやすいのです。

 

 

ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れます。
自律神経が乱れると、胃酸の分泌が過剰になりますので
神経性胃炎による“胃口臭”が発生してしまいます。

 

 

また、胃カメラを飲んでも炎症は見当たらないのに
胃痛や胃もたれを訴える“機能性ディスペプシア”という病気がありますが
こちらも、ストレスが原因であると言われています。

 

 

他にもぜん動運動が異常を起こし、下痢や便秘を繰り返したり
腹痛を伴う排便や、残便感を引き起こす
“過敏性腸症候群”も、ストレスの影響が大きいのです。

 

ストレス口臭を出さないために|癒しの方法のご提案

ストレスがかかった時、溜まってきたなと感じた時に
自分なりの解消方法、発散方法を持つことは
現代人にはとても大事なことです。

 

 

「何が癒やしかわからない」という方には
アロママッサージをおすすめします。
もちろん女性だけではなく、男性にも効果的です。

 

 

プロにリラックス効果のある精油を選んでもらい
温めた“人の手”で、コリをほぐして
老廃物ごと体外に流してもらうんです。

 

 

時間にゆとりがあるのなら、自宅でアロマを焚くのも効果的です。
ストレスに効くのはカモミールやラベンダー、サンダルウッド、
ネロリ、オレンジ、などがあります。

 

 

「たかが香り」と侮る無かれ。
鼻から吸収された香りの成分は、脳に到達し
自律神経やホルモン分泌に働きかけます。

 

 

また、ロウソクの炎は“1/f ゆらぎ ”といわれる
自然現象のリズムを刻んでいますので
脳をリラックスさせ、心が落ちく効果があるんです。

 

 

カラオケで大声を出したり、ボーリングでワイワイ楽しんだり
スポーツで汗を流したり、泣ける映画を観たりと
ストレス解消法は、人それぞれ違います。

 

 

ストレスが溜まるのを我慢せず、色々試してみて下さい。
遠回りのように思えるかもしれませんが
胃が弱いタイプの方には、この方法が口臭予防に繋がります。

 

 

ストレス=胃痛=口臭
この公式を打ち崩すには「癒やし」は大事ですよ^^