酒 口臭

お酒を飲むと口臭がひどくなる気がする・・・

酒 口臭

 

お酒を飲んだ後や翌日

 

 

 

酒 口臭

いつもより息が臭いと感じる

 

酒 口臭

家族に口臭を指摘される

 

 

 

このような経験はありませんか?

 

 

 

残念ながら、お酒で口臭がキツくなるのは事実です。
酒口臭の原因は、いくつかありますので
順番にみていきましょう。

 

 

 

 

口腔内の乾燥

酒 口乾く 臭い

アルコールは、口腔内を乾燥させます。
乾燥すると口が臭くなるのは、細菌が増えるから。
詳しくは「お腹がすくと口が臭くなる」を読んでみて下さい。

 

しかし、乾燥で「口が臭い」という場合は
水分を摂れば解決します。

 

私はビールの時でも、必ずチェイサー(水)を
一緒に注文するようにしています。
酔いがまわるのも「ゆっくり」になり、おすすめです。

 

 

 

 

肝臓の分解能力

お酒の強い・弱いは「アセトアルデヒド脱水素酵素」によって決まります。
この「酵素」の働きがよい方はお酒に強く、働きが弱い方はお酒に弱い。
「全く飲めない」という方は、「酵素が働かない」ということですね。

 

 

これは努力でどうなるものでもなく、生まれつきの体質です。
アルコールが肝臓で分解されるのは、みなさんご存知かと思いますが
「アセトアルデヒド」という有害な物質を、なかなか分解できない方がいるんです。

 

 

お酒の分解経路 アルコール⇒アセトアルデヒド⇒酢酸⇒二酸化炭素・水

 

 

口臭の原因は、毒性の高い「アセトアルデヒド」という物質。
これが速やかに分解されなければ、血液に入り込み
胃や肺を経由して、吐く息が臭くなってしまうんです。

 

 

アセトアルデヒドが汗腺に入れば、汗がツーンと臭くなりますので
「いつまで経っても臭いが抜けない」のは
「分解酵素が生まれつき少ないから」なんですね。

 

 

 

 

胃や腸が弱い

アルコールは刺激物ですから、胃腸が弱い方が空腹で飲むと
胃腸の粘膜に、かなりのダメージを与えることになります。
そもそも胃腸が悪い方は口臭が出やすいので、リスクは二重に。

 

 

胃腸からくる口臭について詳しく知りたい方は
下記のページを読んでみて下さい。

 

 

・「胃が悪いと口臭がある」は本当だった」
・「胃が痛い時に口が臭い」
・「ストレスが胃腸に与える影響」

 

 

 

 

 

アルコールによる口臭の対処法は?

それでは「酒口臭」の予防及び対処法について考えます。
まず@の「アルコールによる口腔内乾燥」が原因の場合。
これは先程「チェイサーをつける良い」という事で解決しましたね。

 

 

アルコールの利尿作用で「脱水状態」にならないためにも
「飲んだお酒と同量の水」を飲むことをおすすめします。
血中アルコール度が薄くなるので、二日酔いも防止できますよ^^

 

 

次にAの肝臓の分解能力ですが、これには個人差があり
急に上げることはできませんので、普段の食事を意識してみましょう。
肝機能を高める栄養素は「アラニン」です。

 

 

二日酔いに効くことで有名なシジミやアサリ、海苔、
カニ、鶏肉、レバーなどに多く含まれます。
胆汁の生成に役立つ、タウリンを含んだ牡蠣やハマグリもおすすめですよ。

 

 

最後にBの胃腸の問題について。
これは、とにかく「空腹を避ける」ことがポイントです。
空腹状態の飲酒は、胃壁に傷をつけてしまいますし

 

 

吸収する栄養素がなければ、肝臓も正常に働けないんです。
たんぱく質を含んだおつまみを、必ず摂るようにしましょう。
魚やチーズ、アーモンド、枝豆などの、高たんぱくなものがおすすめです。

 

 

肉はそれ自体が口臭、体臭につながりますので
「ガッツリ食べる」ことはおすすめできません。
ビタミンを含む野菜も、しっかり注文しましょう。

 

 

以上がアルコールによる口臭を防ぐ方法になります。
これらの方法は、二日酔いや悪酔いを防ぐ効果もありますので
ぜひ、実行して確かめてみて下さいね。