ピロリ菌 息 臭い

ピロリ菌は息を臭くする|胃炎、潰瘍を繰り返す理由とは

“ピロリ菌”という名前をご存知ですか?
人の胃に住み着く菌で、胃壁を傷つけ、粘膜を荒らすことから
胃や十二指腸潰瘍、胃がんの原因の1つとされています。

 

 

衛生環境が整っている現代では、感染者は減少しているそうですが
50歳以上の方は、保菌率が70%と言われています。
それは、ピロリ菌が経口感染するからですね。

 

 

戦後の衛生環境が悪い時代に、菌が繁殖しやすかったため
その時代に生まれた方は、飲食物から感染した確率が高いのです。
現在40代半ばの私の中にも、いましたよ。

 

 

本名“ヘリコバクター・ピロリ”が。

 

 

“ヘリコ”の語源はヘリコプターで、「旋回・らせん」などの意味。
“バクター”は「細菌」を意味するバクテリアで
“ピロリ”は「ピロルス(胃の出口)」のことなんだそうですよ。

 

 

私の場合、胃潰瘍が治ったと思ったら
すぐに十二指腸潰瘍になり
その後も、また胃が痛み出す生活を繰り返したんです。

 

 

眠れない程痛いのに、胃カメラには大きな外傷は写りません。
しかし、口臭もどんどんひどくなっていきましたし
精神的にも耐えられなくなって、お医者さんに泣きついたんですね。

 

 

そこで、ピロリ菌の検査をすすめられました。
先生の予想通り、ピロリ菌が発見されましたので
即!除菌治療の予約を入れました。

 

 

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の治療、そしてピロリ菌の除菌をしたことで
あの『レベル5の胃口臭』が消えました。
どんな臭いかについては「胃が痛い時の臭い」で説明しています。

 

 

ピロリ菌がいると、必ず潰瘍になるわけではないそうですが
潰瘍の患者さんを調べると「80%以上が感染していた」
・・・というデータがあるのだそうです。

 

 

「胃の不快感が続くなぁ・・・」と感じている方は
潰瘍がなくても、ピロリ菌に感染しているかもしれません。
除菌は簡単ですから、治療されることをおすすめします。

 

 

「不快感」とは、胃の痛みだけではなく
胃もたれや胃のムカムカ、吐き気、胃の存在を感じる・・・
なども当てはまります。

 

 

これらの症状が何ヶ月も続いているのであれば
消化器科で検査を受けてみて下さい。
検査は“尿素呼気テスト”で、袋に息を吹き込むだけです。

 

 

次のページでは、検査方法と除菌治療について
詳しくお話ししていきます。