自律神経 整える

自律神経を整える方法|ストレスが口臭になってしまう方

自律神経 整える

 

前回は「ストレスがあると、なぜ口臭が出るのか?」
「口臭が出やすい性格はあるのか?」
この2つについて、ご説明させていただきました。

 

 

詳しくは
『ストレスが胃腸に与える影響|口臭が出やすい性格とは』
こちらのページをご覧ください。

 

 

今回は、「ストレス口臭」の元となる
自律神経の乱れの原因と、その整え方についてです。
自律神経と口臭には、深い関係があるんです。

 

 

自律神経が乱れる原因は、ストレスや不規則な生活、
更年期などの、女性ホルモンの減少でも起こります。
交感神経と副交感神経のバランスが、崩れてしまうんですね。

 

 

バランスが乱れることにより、全身の倦怠感や動悸、めまい、
頭痛、不眠、手足がしびれる、吐き気、多汗などの症状や
過敏性腸症候群や、神経性胃炎などの疾患に繋がる場合があります。

 

 

つまり、ストレスの上手な解消法を身につけ
不規則な生活を改めることで
ある程度は「ストレス口臭」を防ぐことができるんです。

 

 

ストレスが解消できれば、心身の緊張がほぐれ
副交感神経が優位になり、リラックスできます。
睡眠の質も上がりますので、前日の疲れが残らなくなります。

 

 

睡眠不足が続いている、昼夜逆転の生活をしている、
決まった時間に食事をしていない、同じ物ばかり食べる、
野菜は食べない、肉が大好き・・・なんて不規則な生活は

 

 

口臭を自分で作っていることになりますから
少しづつでも、直していく努力をしましょうね。

 

 

⇒ストレスが胃腸に出る方におすすめのサプリはこちら

 

それでもバランスが崩れてしまったら・・・

自律神経のうち、交感神経は活動的な時に
副交感神経は、休息時に優位になる神経です。

 

 

ですから朝〜夕方は交感神経を優位に
夕方〜朝は副交感神経を優位に・・・
と、意識した生活を送ることで、だんだん整っていきます。

 

 

具体的に言うと
朝は決まった時間に起きて窓を開け
太陽の光を浴びます。

 

 

自律神経 整える 方法

 

 

太陽のパワーは大きいですよ!
1〜2ヶ月続けるうちに、
朝のダルさが無くなっていきます。

 

 

疲れやダルさがしつこい場合は、朝シャワーも効果的。
少し熱めの温度の方が、目が覚めます。
シャワーがなければ、温かい飲み物を飲みましょう。

 

 

朝ヨガやウォーキング、ラジオ体操もおすすめです。
軽い運動を毎日続けることで
交感神経と副交感神経の切り替えが、上手くなるからです。

 

 

夜も決まった時間に寝るようにして下さい。
照明は徐々に落としていきます。
パソコンやテレビなどは、寝る一時間前に消すのが理想的。

 

 

心身が緩めば、自然と眠くなりますので
ぬるめのお風呂に入ったり、アロマを焚いたり
足裏のマッサージも、副交感神経を優勢にするのに効果があります。

 

 

ヒーリングミュージックを聴くのもいいですね。
CDショップでも、癒し系の音楽はたくさん売られていますし
「自律神経にいい音楽」というCDもありますよ。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

聞くだけで自律神経が整うCDブック [ 小林弘幸(小児外科学) ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)

 

 

最後に、呼吸が浅くならないように気を付けてみて下さい。
リラックスするには、ゆっくり吐くことです。
鼻で吸って、口から吐きます。

 

 

お腹に手を当て、ゆっくり大きく息を吐きます。
「これ以上吐けない」ところまで吐いたら、息を止めます。
3秒止めたら、鼻から大きく吸います。

 

 

ドキドキしたり、イライラしたり
緊張したり、眠れない時に良い呼吸法です。
ストレスを感じたら、この呼吸法を何度か続けてみて下さいね。