胃が痛い 口が臭い

胃が痛い時に口が臭い|胃潰瘍の治療で改善した例

胃が痛い 口が臭い

 

 

胃が痛い時、口臭が出ている場合があります。

 

 

私は子供の頃から胃痛がありましたので
ちょっと痛いくらいでは、気にしません。
胃痛に慣れているため、流してしまいます。

 

 

しかし、胃痛と共に出てくる口臭に対しては
放っておくことができません。
すぐさまニオイを消したいからです!

 

 

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は治療済みですが
食べ過ぎ、寝不足、疲れ、ストレスなどがたまると
胃痛と共に口臭が出ますが

 

 

潰瘍やピロリ菌の治療前の悪臭を“レベル5”とすると
この時に出るニオイは“レベル1〜2”程度のものです。

やはり「胃痛」より「胃の病気」の方が、口臭はひどくなりますね。

 

 

胃の病気は、病院で治すしか方法がありませんが
逆を言えば、病院で治療することで
口臭まで改善する可能性が高い、ということです。

 

 

そう考えると、ワクワクしませんか?
私は潰瘍やピロリ菌を医師に指摘された時
「これが口臭の原因か!」と、嬉しく思った記憶があります。

 

 

「胃の治療をすれば、口臭が治るかもしれない!」
といった希望が湧いてきたからです。
そして実際、あの独特な「胃口臭」が消えました。

 

 

胃が痛い 口が臭い

 

 

胃が痛い時に口臭が出る方は
まず胃のレントゲンを撮ることをおすすめします。
疾患があるかないかを、確かめて下さい。

 

 

バリウムや胃カメラで、大きな異常は見つからず
胃が一時的に荒れてる程度であれば
生活習慣を改善することで、口臭も消えていく筈です。

 

 

この場合に改善する生活習慣とは
十分な睡眠を取り、疲れとストレスを溜めないこと。
喫煙と暴飲暴食を避け、飲酒は適量を守ること。

 

 

そして、毎日適度な運動をすることです。
これらの行動は、胃潰瘍を防ぐのにも効果があります。

 

 

これだけ改善しても口臭が続く場合は
一時的に胃が荒れたのではなく、慢性胃炎かもしれません。
慢性胃炎は痛みがない場合もあり、気付きにくいからです。

 

 

胸焼けや胃もたれ、吐き気、膨満感、不快感が続く方は
病院で処方される薬での「薬物療法」と
食生活を正す「食事療法」を併用しながら、治療をしていきます。

 

 

ここまでお読みになっていただければ
すでにお気づきではあると思いますが
口臭の原因が胃である場合、治すことができるんです。

 

 

口が臭いという悩みから開放されるためですから
面倒がらずに、一度検査を受けてみて下さいね。

 

 

 

余談ですが、胃が悪い人には共通のニオイがあります。
「大量の腐った海藻とゆで卵とたくわんをのせたラーメン」
イメージとしては、こんな表現になります。

 

 

ここまで全部合わさると“レベル5の人”ですが
それぞれが単体で臭う場合もありますし
症状によっても違いが出てくるとは思います。

 

 

現に私を含め、私の周りの「胃口臭」がする人たちは
「この前は腐ったワカメ臭かったのに、今日はたくわん臭い」
といったように、日によって変化があったりするんです。

 

 

しかし、どれを取っても悪臭ですし
胃が悪く「胃口臭」が出ている方は
腸に負担がかかり「腸口臭」も足されることが多いので

 

 

これを機に、ぜひ根本的な治療に取り組んで下さいね。

 

 

⇒腸からの口臭が疑われる方はこちら