息 生臭い 原因

息が生臭い原因|「生臭い」のと「生ゴミ臭い」では、原因が違います

 

息 生臭い 原因

“臭い息”を例える時によく耳にするのが

 

 

「卵が腐った臭い」
「生臭いニオイ」
「生ゴミ臭い」
「大便のようなニオイ」
「おならのようなニオイ」
「アンモニア臭い」
「玉ねぎが腐った臭い」
「ドブ臭い、下水臭い」

 

 

このような表現ですよね。
今回、このページでは「生臭い」に焦点を当てて
お話ししたいと思います。

 

 

「生臭い」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
私の場合「生臭い息=包丁を研いだような臭い」なんですが
若い方にはわからないかもしれないですね。

 

 

生臭いと言えば「魚」を想像するかもしれませんし
「水槽かしら」と答える方もいるでしょう。
「生ゴミや三角コーナーの臭い」と感じる方もいますよね。

 

 

包丁や魚、水槽などは、ある程度臭いが限定されますが
ゴミや三角コーナーなどは、内容物により変わります。
では、生ゴミの内容物は何かと考えると・・・

 

 

・野菜の葉や皮
・魚の頭や尾
・ダシをとった後の昆布やかつお節

 

 

これらが腐敗したニオイが、生ゴミ臭ということになります。
口から生ゴミ臭がする原因としては
歯周病やのど、扁桃腺などの可能性が高いため

 

 

「生ゴミ臭」でお悩みの方は、そちらのページをご覧下さいね。
では、「生臭い息」に話しを戻します。

 

 

臭いの感じ方に個人差はありますが
息が生臭くなる原因は、呼吸器や大腸だと言われています。

 

 

下気道、特に肺が悪いと生臭い口臭が出ますが
気管支が弱っている時にも、やや生臭くなり
咳をすると「生臭いな〜」と感じます。

 

 

この時に出す痰も、かなり生臭いニオイがします。
咳や痰を伴うのであれば、原因は呼吸器の可能性が高いですから
上気道なら耳鼻科、下気道なら呼吸器科で治療します。

 

 

上気道とは鼻や鼻腔、のどのことを言い
下気道とは気管支や肺のことを言います。

 

 

次に大腸からくる場合ですが、これは動物性脂質や
乳製品などの摂り過ぎにより、臭くなるものと考えられます。

 

 

ヨーグルトやチーズ、バター、生クリームなどの乳製品や
動物の肉を好んで食べていませんか?
腸の調子を整えるのは「乳製品」ではなく「乳酸菌」です。

 

 

腸内環境が悪化すると、生臭い息を通り越して
口から大便のニオイが発生しますので
食生活を改善する必要があります。

 

 

動物性の脂(あぶら)は消化されにくいので
体の中で腐敗し、数々の病気を引き起こします。
詳しくは、腸のページでお話しさせていただきますね。

 

 

⇒口から大便の臭いを発生させないためには