悪玉菌 悪臭

悪玉菌が悪臭成分を作り出す!善玉菌を増やす方法を知ろう

ここまで「おなかの中からの出るニオイ」について
詳しくお話ししてきました。
今回は、いよいよ「善玉菌の増やし方」についてです。

 

 

善玉菌を優勢にすることで、腸内バランスが整います。
腸内の環境が良くなれば、口臭の原因が減りますので
このページはよく読んでいただきたいと思います。

 

 

まずは、善玉菌を増やす食品です。
発酵食品については「腸内環境の改善方法」でも触れましたが
善玉菌を増やすのは、「乳製品」より「乳酸菌」です。

 

 

発酵食品としては、ヨーグルトが有名ですが
ヨーグルトは「発酵乳」に分類される、乳製品です。
乳製品の摂り過ぎは、悪玉菌を増やします。

 

 

乳酸菌は味噌やしょう油などの醸造食品や
納豆、漬物、ザーサイ、サワークラウト、キムチ、
チャツネやテンペなどの、植物性のものをお勧めします。

 

 

忙しくてなかなか自炊できない方は
乳酸菌のサプリメントも役に立ちます。
その際には、植物性乳酸菌のサプリメントで検討して下さい。

 

 

植物性の乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも
生き抜く力が強いと言われています。
まずは食事から、善玉菌を摂るという意識を持ちましょう。

 

 

次に、善玉菌の餌となる「オリゴ糖」+「グルコン酸」です。
ハチミツには、この両方が含まれています。
グルコン酸には悪玉菌抑制作用もあり、黒酢に多く含まれます。

 

 

オリゴ糖ではバナナが有名ですが
バナナは食物繊維も摂れることから
便秘の女性には、重宝されていますよね。

 

 

他にオリゴ糖を多く含む食品としては
キャベツや玉ねぎ、アスパラ、大豆などがあります。

 

 

善玉菌のエサとなる食物繊維は、水溶性食物繊維です。
胃の中でゲル状になり、食べた物を包み込みます。
なめこやオクラ、納豆などに多く含まれます。

 

 

このように、意識して食生活を改善することで
善玉菌を増やしていくことができますが
大切なのは「悪玉菌を増やさない生活」を送る努力です。

 

 

特別なことをするわけでもなく、時間も必要ありません。
「血の巡りを良くする」ことを考えて生活するだけでも、違います。
具体的には、なるべく歩くようにすることです。

 

 

善玉菌を増やすのに、有酸素運動は効果的ですが
どうしても時間が取れないという方は
少しでも多く歩く努力をして下さい。

 

 

血液が循環され、老廃物が排出されやすくなりますので
酸素が全身に届き、新陳代謝が上がります。
免疫力も上がりますし、ホルモンバランスも整うんですよ。

 

 

また、少し早足で歩くと汗をかきますので
脳細胞は活性化され、ストレスは発散されます。
内臓の働きも活発になり、ダイエット効果や冷え症改善効果も。

 

 

このようにウォーキングは、肉体的にも精神的にも効果がありますので
口臭の原因になる症状が、どんどん減っていくんです。
いつものエスカレターを階段にするだけでも、変わってきますよ^^